こんばんは。

岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

本日よりあらためて愛知県が独自に緊急事態宣言を出しました。

そんななか連絡をいただいた方、とくに高齢者の方から聞いたのは「これでGWにつづきお盆も子どもや孫に会う機会がなくなりそう」という悩みとも諦めともとれるお声でした。

これは真剣に考えなければならないことです。

どれくらいのことなのか。どれくらいの自粛を求めているのか。

愛知県が発表した緊急事態宣言の具体的な内容はこういうものでした。

300087_1121291_misc

このなかの「県をまたぐ不要不急の移動自粛」はこう書かれています。

○お盆休みの期間中の帰省については、もう一度、家族と検討をお願いします。体調が優れない場合は、帰省や旅行を控えて下さい。
○帰省や旅行先でも、居住地や目的地の自治体が出す最新情報を確認し、体調管理と基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
○東京を中心とする首都圏への不要不急の移動は自粛をお願いします。
○感染が拡大している都市域への移動に際しては、自覚を持って適切な行動をお願 いします。
要は、「家族で検討してくれ」ということです。

ということで、諦めるのは早すぎるます。

密にならないように(首都圏からは難しいかもしれませんが)移動すればいいはずです。そして、できれば、家族、親族でひっそりと仏壇、お墓に手を合わせ、祖先や死者にあらためて想いを馳せることはなにも悪いことではないですし、誰かから咎められることでもないはずです。

完璧な安全はありません。そのうえで、ぜひ、みなさんもご家族で話し合い決めて頂ければと思います。


今日は8月6日でした。

あらためて哀悼の意を表するものです。

それでは。


-------
Line公式アカウントなどさまざまなSNSで、岡崎市内の情報や議会での活動を発信しています。
ぜひ、ご登録お願い致します。

友だち追加