こんばんは。

岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

新型コロナウイルス感染症についてのご意見をいただくことがまた多くなってきました。

今日もふらっと寄ったコンビニが今まで以上の警戒体制を実施しているのを見て、市中での緊張感が再度高まっていることを感じた次第です。

数字をみても、新型コロナウイルス帰国者接触者相談センターの相談件数も直近の一週間では330件で、これは緊急事態宣言が発令される直前の3/30〜4/5の数字と同程度です。ここからもみなさんがご不安を感じていることが伺えます。

また、PCR検査もかなり高い数値を記録しています。クラスターが発生していないかを注意深く保健所のみなさんが追いかけている状況ではないかと思うところです。


さて、ご存知の方も多いとは思いますが、岡崎市は感染症対応に関するガイドラインを作成しています。

現在は「警戒領域(レベル3)」であり、危険領域(レッドゾーン)の手前ではありますが、かなり高い状況であることは間違いありません。

covid19guideline
他方で、注意喚起が不十分ではないか。また、情報提供が不足しているのではないかとのご指摘もいただいております。

そこについては週明けにでも再度、当局に確認をとるなどをしつつ、改善できるところがあるか考えていければと思います。

それでは。


-------
Line公式アカウントなどさまざまなSNSで、岡崎市内の情報や議会での活動を発信しています。
ぜひ、ご登録お願い致します。

友だち追加