こんばんは。岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

例年は3月に入ると各団体の総会シーズンとなり、なにかと忙しない季節になりますが今年はやはり影響がでています。

総会の資料のみの配布でおこなっているところや、町内会では組長さんだけの会議に切り替え、議決事項についてはサインをもらって終わらせるなどの配慮で密室に長時間滞在することを避ける方向でおこなわれていたりします。

聞いた話しでは、総会自体を取りやめたところもあるなど、各団体さまざまな形をとっていますが、おしなべて自粛ムードであることは否めず、また仕方のないところではありますが、残念なものです。



その一方で、ここ最近は経済を心配する声がいよいよ大きくなってきました。

飲食店はもちろんのこと、住宅関連では設備関係の生産が中国の影響でとまり、引き渡しが未定となっていることや、イベント関係の自粛で広告代理店などもかなり影響が出ているとのこと。

またこれも肌感覚でしかありませんが、先週は街に流れる車の数も心なしか少なく、いつもなら渋滞で困る時間帯も空いてる気がするものです。

景気の悪化が進むと、さまざまなところへとしわ寄せが生じ、最悪自殺者の増加を招くことに繋がりかねません。



「災害は社会課題を加速する」

さまざまな識者の方が指摘していることですが、高齢者、子ども、フリーランス、自営業者、シングルマザー、多重債務者、無職者、障がい者、外国人などなど、普段からセーフティーネットが脆弱だとされている領域を災害は顕在化させます。

そういう領域への目配せをしつつ、私の立場からできることは引き続きやっていきたいとおもいます。

ということで、暗い雰囲気になりがちですが、来週もがんばりましょう!!

-------
Line公式アカウントなどさまざまなSNSで、岡崎市内の情報や議会での活動を発信しています。
ぜひ、ご登録お願い致します。

友だち追加