こんばんは。岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

お近くの自治体である蒲郡市でコロナウイルスの感染者が出たことを受け、市が独自に公表へ踏み切ったことが報じられていました。

蒲郡市が4人感染を発表 「三河地方」から市独自の発表(中日新聞)↓
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20200306/CK2020030602000053.html

記事の中では、「感染者の情報を市が独自に発表するのは異例」とし、SNSでうわさが先行している状況を鑑み、市長が判断したとされています。

さまざまな配慮があったと拝察するところですが、そのなかで公表へと踏み切ったことはすばらしい判断であったと、個人的にはおもうところです。

さて、この記事のなかで「市が独自に発表するのは異例」という部分があります。ここを一読すると、「あれ?!大阪市や名古屋市なんかは独自に発表しているのでは」と不思議に思うかたもいるのではないでしょうか。

大阪市は感染拡大を防ぐために、かなりはやい段階でバス運転手と乗務員の経路を公表していたことを記憶していますし、名古屋市もHP上には市内在住であることは公表しています。

なのになぜ?

ということなのですが、これは記事の説明が不親切で「(保健所の設置自治体ではない市町村が)発表するのは異例」という但し書きが必要だと思います。

今回の経緯でご存知の方も多いとは思いますが、保健所の設置自治体は県、政令指定都市、中核市であり、愛知県下では、愛知県、名古屋市、豊田市、豊橋市、岡崎市がそれになります。

保健所管轄区域案内 愛知県(厚生労働省HP)↓
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hokenjo/h_23.html

蒲郡市が異例だと報じられたのは、保健所の設置自治体ではないにもかかわらず公表に踏み切ったからですが、かりに岡崎市内で発生した場合は(ないことを祈るばかりですが)、県との調整について制度上は必要なく、どこまで公表するのかを判断することができます。

いずれにしても、情報の取り扱いについては難しいことがあるのは拝察するところではありますが、なるべく公開を原則に、いざというときは要望してまいりたいとおもいます。


それでは。

-------
Line公式アカウントなどさまざまなSNSで、岡崎市内の情報や議会での活動を発信しています。
ぜひ、ご登録お願い致します。

友だち追加