こんばんは。岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

小泉環境省が育児休暇を取得する方向であることが報じられました。



昨年だったか、初めてこの案に言及したさいはさまざまな議論が噴出していたように記憶していますが、わたしとしては賛意を示したいとおもいます。

相当に悩んでの決断だと拝察するところですが、逆に言えば相当悩まなければ取得し難い空気がまだまだ社会にはあるということです。たぶん、そうだと思うわけです。

自分だったらできるだろうか…とも考えてしまうところですが、男性の育休取得率が伸び悩んでいる現状を鑑みれば、政治が積極的にその旗振り役になることは意義があるはずですし、なにより、氏ほど発信力のある大臣が行動にうつすことはあらためて大きな議論を巻き起こすことになるはずです。

そういった議論の積み重ねにより徐々にではあれ、状況は変化していくものです。

そのきっかけ。布石。となるはずです。

それでは。


-------
Line公式アカウントなどさまざまなSNSで、岡崎市内の情報や議会での活動を発信しています。
ぜひ、ご登録お願い致します。

友だち追加