こんばんは。

岡崎市議会議員の小田たかゆき(@odatakayuki1984)です。

東京都江戸川区子ども科学館の視察へ行ってきました。

最近では幼児期から子ども時代における教育の有用性がさまざまなところで叫ばれている、その一方で、親の所得階層の違いにおける子どもの教育機会の多寡に明確な差異が生まれることが指摘されており、公共がどこまでそこへ介入するかは大切な課題のひとつです。

それを考えるうえで参考になりそうなのが、視察させていただいた「江戸川区子ども科学館」になります。
00003IMG_00003_BURST20191030132614


「子ども科学館」は江戸川沿いに位置する二階建ての建物で一階には図書館が配置されている施設です。ここの特徴的な取り組みは、2階でおこなわれている「アカデミー」と呼ばれる催しとなります。

これは小学生を対象に科学的な科目を中心として、大学教授などの有識者を講師に招き、年数回から10回以上にわたるゼミ形式の講座が行われています。例えば「生物部」と呼ばれるゼミでは、江戸川沿いの動植物や、湿地帯のフィールドワークを通じて、江戸川の自然を詳しく知ることができます。そのほかにも、「クマムシ」ん不思議を探求する講座、飛行機がなざ飛ぶのかを考える講座、そのほかにも哲学講座などが開催されています。

IMG_20191030_142121

「科学館」という名前だと、どうしても展示物や体験コーナーが設置されているハードの部分を想像してしまいがちですが、こちらはそういうものは気持ちがいいほどなにもなく、ただいくつかの部屋があるのみです。それでもソフトの部分。定期的な講座はそれに勝るとも劣らず、子ども達にとり有益な教育の機会を提供しているはずです。

そして、子どものころの教育の機会をいかに打ち手多く提供していくのかを考えるさい、この方式は大変に参考になります。無用なハコモノをつくる必要はなく、例えば廃校などを活用しても十分にこの講座を開講することができます。

少し便はわるいかもしれませんが、廃校などを利用すれば、定期的に子どもとその親が訪れることとなります。また、講座の運用にはボランティアが重要といわれていました。そういう人材も入れ替わり立ち代わりそこを訪れることになれば、コミュニティの創出にもなりそうです。

そんなヒントを頂けた視察となりました。

最後に視察を快く受け入れてくださった担当者の方々にあらためてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

-------
Line公式アカウントはじめました〜!!
日々の情報はこちらでも発信しています。
↓ここを押してくださいね〜
友だち追加