先日、所属する議会広報委員会が開催され、いくつかのことが決定しました。
ブログ用のコピー
まずは、8月1日に発行となる「議会だより」の大枠が決定しました。一応ですが、「議会だより」とは定例会でおこなわれた一般質問の内容、議案審議のハイライト、各会派の賛否、議会の動きなどを網羅的に盛り込んだもので、各定例会の2ヶ月後に発行、配布される冊子のことです。発行部数は約17万部で全戸に配布されます。今回、決定した次回号は6月定例会の内容を盛り込んだものとなります。

議会の動きを定期的に市民のみなさまへお伝えする唯一の媒体がこの議会報ですが、昨年度あたりから冊子のデザインを含めた全体的な見直しをすすめてきています(この流れは議会基本条例を定めるための議論のころから来ています)。

表紙写真の見直しから、題字を含めたフォントの検討、読みやすくするための行間の再考など、いままでの良くも悪くも硬いイメージのものから、読みやすく、手にとってもらいやすいものへと脱却を図ろうとしています。

さらに、先月号からは、表紙写真を委員会所属の議員が撮影、委員会での選定というプロセスの試運転をおこなうとともに、加藤委員長の強いおもいから、人物写真を前面に配すデザインへを採用することとなり、より親しみやすいものになったとおもいます。

加えて、次回号からは、一般質問の欄も変更が加えられます。欄の執筆にかんし、いままで以上に議員個人の関与を強め、議員自らが執筆、編集をおこなうことで、執行部側の答弁を引き出し記す形式に変化はなくとも、手触りがおおきく異なるものになっているはずです。

ぜひ、配布されたさいは、手にとり、その違いを体感していただきたいとおもいます。

バックナンバーはこちら。


つぎに、常任委員会のネット録画中継が開始されます。

こちらは昨年のICT検討部会のながれを受け、議会広報委員会が所管しているものです。いままでは本会議場での録画中継しかありませんでしたが、6月定例会からは4つある常任委員会の模様をネットを介し視聴が可能となりました。

配信動画は定点カメラによる撮影であり、一見、カメラワークなき凡庸な画像が流れているだけに見えますが、これは一方で、市民にとり本格的な議事録の公表まえにいち早く議案の審議や各議員、各会派の発言内容を知ることができるとともに、他方で、議員や執行部にとり、いままで以上に衆人環視の環境下におかれることで、より緊張感のある議論や発言が期待されるものです

7月中には順次アップされる予定ですので、またそのさいはこちらで報告させていただきたいとおもいます。

上記2点もいまだ試験段階のものでもあり、今後アップデートが必要なことは間違いありませんが、それでも、すこしでも開かれた議会となり、市民のみなさまに信頼される議会となるよう微力ながら尽力していきたいとおもいます。


-------
Line公式アカウントはじめました〜!!
日々の情報はこちらでも発信しています。
↓ここを押してくださいね〜
友だち追加