2019-05-16 11.34.44
こんばんは。

岡崎市議会議員の小田たかゆきです。

昨日、今日と所属する議会広報委員会で視察にいってきました。

お題は、そう、議会改革の取組みについてです。

1日目は松坂市議会さんを。
2日目は加賀市議会さんを。
両市議会を通じて言えることは、(表面的にであれ?!)各議員が一丸となり、推進している体制であり、加えて、トライアンドエラーを繰り返しつつ、とりあえずやってみて、都度アジャストを繰り返していく行動力の高さです(たぶん)。

ただ、その根底には強い危機意識があるはずです。

町にとりなぜ議会が必要なのか。大げさにいえばそういうことだと思うのですが、その声に敏感に応答していかなければダメだという危機意識が両議会からの方々から強く感じました。

議会改革の目的はどうしたら町をよくしていくことが出来るかに尽きます。

そこを忘れることなく、学んだことを岡崎市にも取り入れていければと思います。

お忙しい中視察を快く受け入れてくれた市議会のみなさま、職員のみなさまにあらためて感謝いたします。

ありがとうございました。


北陸新幹線の延伸に伴う経済効果が期待される加賀市さんですが、いわゆる「のぞみ」的な存在の新幹線が加賀市に停まるか、お隣の小松市に停まるかで綱引きが行われている模様。

その誘致合戦のため加賀市さんが作成したPR動画が秀逸でしたので、ご紹介しておきます。
自治体作成の動画にしては恐ろしいほどの再生回数ですね。


-
日々の情報発信はこちらでやってます
ぜひ、ご登録を↓
友だち追加