IMG_0080
大阪府和泉市市で「英語教育の推進について」を会派で視察をさせていただきました。

英語…と聞いて、苦手意識がある人が多いのではないでしょうか。かくいうわたしも、中学校時代の英語の授業がほとんど理解不能であった一人です。特に文法。このときは現在形で、この場では現在進行形になります。3人称の現在形は動詞に「S」がつきます。とか言われても、なぜなのか、なぜ彼の国の人々はこのような規則を受け入れているのか、それがまったく理解できず、それにより勉強を拒否していたように思います。笑

いやただ勉強が嫌いだっただけなのですが…

さて、そうはいってもいられない流れがまたひとつ動き出そうとしています。

いよいよ、学習指導要領の改定にともない小学校における英語教育がいよいよ始まろうとしているからです。それが本格的に動き出せば小学校3,4年生は年間35時間、小学校5,6年生では年間70時間の授業が求められることになるのです。

そして、その授業のなかで「聞くこと」「話すこと(やりとり)」「話すこと(発表)」「読むこと」「書くこと」 の5技能の修得を目指していくこととされています。

となれば、小学校時代から英語嫌いの子どもが増えないようにするにはどうすればいいのか。他方で、評定なる評価もしていなければならない状況となるのです。

このうような動きのなかで各自治体、各教育委員会は本格実施に向けさまざまな準備をしているのですが上手くいっていると言われているのが今回視察させて頂いた和泉市さんでした。

ALTと呼ばれる外国人教員はもちろん、夏には彼らが企画する英語によるサマーキャンプの展開。小学校と中学校を6/3制と考えるのではなく、9年間と捉えたうえで切れ目なく英語教育を行なっていく情報共有のあり方。加えて英検などの外部取得のための受験料の全額補助を実施されていました。

これらのことのなかで、岡崎市でも行われていることはもちろんあります。ALTの配置。また昨年からサマーキャンプもおこなわれたと聞いています。

ただ、それらのことをヴァージョンアップさせるためにも、今回の視察は示唆に富んだものであったと感じるところです。ぜひ、機会をみつつ提言に繋げていきたいと思います。

末筆になりますが、お忙しい中ご対応いただきました担当課のみなさまにはあらためて感謝もうしあげます。ありがとうございました。

それでは、また。