講演を拝聴してきました。
上記にあるように、講演はJR岡崎駅東口の一角にあるララシャンスOkazaki迎賓館を経営するアイケイケイ(株)の代表取締役である金子社長が登壇され、生い立ちから会社の成り立ち、そしてここ岡崎へと進出された経緯などがわかる内容でした。

ご存知のように、ララシャンスさんは駅東の市有地を定借で借り、民間資本を活用したPFI事業として建設され、平成29年10月にオープンしました。

それから1年半年ほどの時が流れたわけですが、拝察するに、東証1部上場企業であり、どのような条件であれ営利が要求される一方で、岡崎駅周辺のまちづくりへの参加が求められる難しい立場にも関わらず、リスクを取り、挑戦を続けられていると感じます。

これからどんどん様変わりしていくのがJR岡崎駅周辺です。

そのなかで象徴的な建物として企業としてこれからのご活躍を期待するとともに、市議会議員の1人として責任を持って携わっていきたいと思います。

それでは、また。