本日から12月議会が開会となりました。

会期は12月21日までの19日間です。市長からの議案説明、そして木曜日までは各議員の一般質問が続きます。

ちなみに当議会の議案概要はこちら↓
平成30年12月岡崎市議会定例会 提出議案概要
http://www.city.okazaki.lg.jp/1550/1553/1584/p001382_d/fil/3012.pdf

当初は29議案が上程され、審議されることとなります。


さて、議会準備の最中ですが、たまたま流れてきた記事が秀逸でした。
そう、ミスチル世代終焉の象徴的存在として記事内で触れられている、サッカー日本代表のキャプテンだった長谷部誠選手は同じ1984年生まれ(早生まれなので学年は一つ上ですが)なのです。

比較するのも恐縮ですが、ほぼ同世代になります。

その長谷部はミスチル世代。

となれば、わたしも…

と妙に昔を懐かしんでしまいました。

1996年-12才/「名もなき詩」/アトランタ五輪
1997年-14才/「Everything」/ジョホールバル
1998年-15才/「終わりなき旅」/フランスW杯

うーん。並べるとなるほど感が。

あらためて調べると、長谷部が試合前にいつも聴くという「終わりなき旅」はフランスW杯の年にリリースされています。

周知の通り、初出場を決めた大会であり、カズが選考を外れ、中田英寿が率いることとなった象徴的な事件がいくつもあった大会でした。

そして想像ではありますが、このサッカー界における「ミスチル世代」は中田英寿という存在から多大な影響を受けているはずです。いい意味でも悪い意味でも…

その話しはまたどこかでするとして、書き手は「ミスチル世代」最後のW杯となったのが2018のロシアW杯であったと言及されています。

そう言われれば、そうですよね。

4年後のW杯では「ミスチル世代」は30代半ばを超えることとなり、代表としては難しい年齢に差し掛かっていることは自明です。

読んでいて、なんだか「引退宣告」をされたような気分ですが、仕方ないことですね。笑

なんにしても、どんな記事であれ宛名に「わたし」が含まれている読み物は、考えることを喚起するものですね。


ということで、なんの繋がりもありませんが、本日から12月議会が開幕となります。

またここでも情報発信をしていきたいと思います。

それでは、また。