2018 07 22 06 14 38

「ラジオ体操・みんなの体操会」と題し、六名体育館で行われたこの取り組みは、ラジオ体操を通して地域のつながりを再構築していくことが目的に据えられています。

手軽で、誰もができ、早朝の動きやすい時間帯に行われるラジオ体操ですが、現在、市内に多くのラジオ体操の集まりがあります。

午前6時30分前になると、神社の境内や、公園の一角に三々五々集まり体操を熱心に行っている姿を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この各地で行われている集まりに横串をさし、地域のつながりをつくることを企て動き出したのが、本大会を主催した実行委員会の方々です。

その第一弾としての「みんなの体操会」だったのですが、実行委員会の方々は、当日に向け、各地で行われているラジオ体操の会に出向き案内を届けたり、協賛を募り当日の参加賞を準備するなど、精力的に動いて来られたと伺っています。

そのかいもあり、多くの方の参加が見受けられました。

2018 07 22 06 27 06

ラジオ指導員の資格を持つ方の「ちゃんとした」ラジオ体操の実技指導から始まり(これでやると本当に疲れますね)、本番、そして、終わってからの振り返りと、内容が詰まった会でした。そして、なによりも参加者のかたが楽しそうに体操をしている姿が印象的でした。

 

一連の流れを伺いながら、あらためて感じたことは、手軽で身の回りにあるものを手段で地域を盛り上げることこそいまの時代にあったものではないでしょうか。

たぶん、大袈裟な仕組みや、突飛なアイデアではなく、あるものを上手く使い回し、順番を入れ替えることで、新しいものが生まれんですね。

 

今後も継続されることを期待するものです。

それでは、また。