家康行列に参加をしてきました。

岡崎市の春の名物といえば家康行列。今年は松平健さんが家康を演じることでも話題となりました。

が、そのなかで、行列の歩兵として参加する機会をいただきましたので、果たしてどのような舞台裏があるのかハイライトで。

 

まずは、朝9時に中央総合公園へ集合です。

2018 04 08 08 41 29

受付を済ますと、記念品がもらえました(図書カード1000円分です)。

体育館の中には武将の名前ごとにチーム分けがなされており衣装が準備さています。

2018 04 08 08 44 55

着慣れない衣装ですが、着付けの専門の方がおり、お手伝いしていただけます。

2018 04 08 09 29 22

ということで、こんな感じに。

2018 04 08 10 04 34

11時30分ごろ。みなさんが着替え終わり、体育館でリハーサル。

2018 04 08 11 22 39

12時30分ごろ。昼食をとりスタート時点である伊賀八幡へ移動。

2018 04 08 13 06 59

14時前には出発。ですがここからは携帯を持っていなかったので途中の写真はありませんが、歩道は多くの方で溢れていました。

そして、河川敷に到着。もはや吹く風が冷たい。

2018 04 08 15 18 42

クライマックスは河川敷に準備された、舞台におけるお姫様の救出劇。

2018 04 08 15 46 06

目の前は馬が駆け抜けていくことも。

2018 04 08 15 46 26

この後、無事に平定されるのですが、そのさいわたしたち歩兵は城に攻め込むために全速力をしているためこのさきは画像がありません。涙

すべてが終わり、河川敷から中央総合公園への帰路はバスで。笠を被り眠りに落ちる姿が1日の疲れを偲ばせます。

2018 04 08 16 30 43

中央総合公園には17時前には到着。そこで解散となりました。

 

朝9時から17時までと長時間にわたる拘束力はなかなか大変だと感じつつも、イベントを盛り上げる一員として参加するのはやはり楽しいですね。来賓席でみるより担ぎ手にまわる方がよっぽど性に合うといいますか。笑

当たり前ですが、多くの方に支えられて行われる桜祭りであるなーとあらためて実感してきました。

 

それでは、また。